お出かけだけでなくバイクなどの移動の際にも使えるジャンパー

ジャンパーがあれば、冬も快適

オーダージャンパーの選び方

シャボン玉で遊ぶ親子

イベントの時やライブ会場で、お揃いのジャンパーを着用しているのを見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。お揃いのジャンパーは自分のチームの名前や、オリジナルのロゴを入れてオーダーメイド品して業者に注文しているケースが多いようです。今回はこうしたオーダーメイドのジャンパーを作るときの注意点やメリットをご紹介します。
オーダーメイドのジャンパーを作るときに注意したいのが価格です。業者や制作にかかる期間により、それぞれ費用が異なるので注意が必要です。また、プリントの印刷方法や、オリジナルのロゴを入れる場合には費用が高くなるケースもあります。予算の上限が決まっている場合は、しっかりと見積もりを聞き逃さず予算内に収まるように調整を行うことが大切です。
ジャンパーは裏地の付いていない安価なものや、ボアやフリースの付いた防寒性の高いものまで様々なバリエーションがあります。汗ばむ季節に着用する場合は、メッシュ素材のものを選ぶと風通しが良いでしょう。反対に寒い季節は、中綿や裏地がしっかり付いたものを選ぶと、屋外での使用にも重宝します。フード付きを選ぶと、首元が暖かくより防寒効果を高めることができるでしょう。

トピックス

オーダージャンパーの選び方

イベントの時やライブ会場で、お揃いのジャンパーを着用しているのを見たことが…

お洒落なジャンパーを探すなら

お洒落なジャンパーを探すなら、通販ショップで見つけるのも良いですが、実店舗…

チームで着るジャンパー

ジャンパーというと、チームや団体で着るイメージが私には強くあります。例えば…

ジャンパーはお洒落で万能なアウター

ジャンパーというと、作業着といったイメージの強いアウターですが、最近はお洒…

TOP